東京アイスアカデミー サイトマップ / プライバシー・ポリシー
home 純氷・トピックス 純氷・そのすべて 純氷・高品質の秘密 純氷・東京の取扱店 純氷・慈しむ店 東京アイスアカデミー
純氷・東京の取扱店イメージ
純氷・慈しむ店
アイコン 鮓処 米八なりさわ
アイコン 酒歩たから
アイコン cafe&dining GRANT
アイコン みたかや酒場
アイコン ぽえむ下高井戸店
アイコン 鮨 伊佐野
アイコン 天ぷら うち津
アイコン Bar Regalo
みたかや酒場

菊川の駅近く、ビジネスホテルが立ち並ぶ一角に、目を引く「居酒屋」「みたかや酒場」の大きな文字。昭和の風情がただよう庶民派の店構えだ。早速入ってみる。
出迎えるのは穏やかで優しそうなマスターと、明るく元気な女将さん。そして調理場を囲むように設えた胸の高さの長いカウンター。この高さが絶妙でいい。やはり気兼ねは無用、仕事帰りに1杯!がよく似合う。
pic2
1度比べてしまうとダメだね。純氷を使うのは1つのサービスだね
この地に開業して35年、ずっと夫婦で切り盛りし、時代の変化を見てきたという。しかし、店は変わることなく【いい品を、より安く】を心がけているとのこと。だから仕入れも毎日築地へ出向いて吟味する。メニューにある料理はほとんどが手作りで、餃子は注文を受けてから包むし、刺身は注文を受けてから切る。 そんな姿勢が伝わるのだろう、口コミで新たなお客さんが来てくれる。「毎日のことだから食事は大事。だから手作り。でも口うるさいお客さんが多くてねぇ」と、女将は笑う。
口うるさいと言えば、開業からずっとチューハイ、ハイボール系の飲み物には純氷を使っていたが、ある時、製氷機に変えてみた。すぐに常連客から味が違う、もとに戻してほしい!と指摘されてしまったそうだ。以来、純氷を使い続けている。 水や製氷機の氷でさえも別料金の居酒屋が多い昨今、「1度比べてしまうとダメだね。純氷を使うのは1つのサービスだね」とマスター。
最も美味しいものは家庭料理だというが、ここには、その贅沢がある。煮込み、おでん、餃子・・・。家庭の味を美味しいお酒と一緒に楽しめる、そんな居酒屋だ。ただし、金土は開店からすぐに満席になってしまうため、月~木の早めの時間が狙い目とのこと。
開店前の調理場では、鍋で煮込みやおでんが色づきながら踊っていた。
みたかや酒場
住所:東京都江東区森下4-20-3
TEL:03-3632-4744
アクセス:都営新宿線 菊川駅 徒歩4分
都営大江戸線/新宿線 森下駅 徒歩7分
東京メトロ半蔵門線 清澄白川駅 徒歩8分
営業時間:16:30~23:00
休業日:日曜・祭日
席数:約30

pic3
HP:-
ホッピー 380円
     チューハイ、ハイボール、ウーロンハイ 300円~
     焼酎 400円
     牛煮込み 450円
     やきとり 400円
     手作り餃子 400円
     煮込み玉子2個 120円
     ほか多数
to PageTop上

東京アイスアカデミー(TIA)では、消費者の皆様に安全・安心の氷をご提供するために
首都圏の氷販売業者、製氷業者の有志により、美味しい氷<純氷>の研究をしています。